×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



【作品名】ソウルドロップシリーズ 【名前】千条雅人 【属性】ロボット探偵 【大きさ】成人男性 【攻撃力】人間の極限の力が出せる 【防御力】ロボットなので痛みを感じない、鉄筋が落ちてきても筋繊維が数本切れただけで受け止める 【素早さ】人間の極限の早さ (子供を背負っていたために車以上の速さしか出せなかったときもある) 【特殊能力】頭の中にある演算チップが停止すると本来の千条雅人の性格が復活 人の力を吸収する吸血鬼のような能力を持っているらしい 【長所】ロボットなため、人間より力があるし、素早い 【短所】よくも悪くもロボット 【戦法】取りあえず人間の限界を超えた力や素早さを活かして肉弾戦 【補足】 千条雅人がある事件によって傷付いた脳に演算チップを入れることによってロボット探偵となった このチップの中にはブギーポップシリーズに出てきた格闘の達人の榊原弦のモーションデータが入っている 榊原弦は棒っきれを持っただけで何十人もいるヤクザ(銃装備)もこてんぱんにできるほどの実力(やられたヤクザは手足の骨折や内臓破裂のダメージを受けている) モーションデータのおかげでかなり飛ばしている車のボンネットを踏みつけて方向転換出来る 引き金を引くタイミングや銃を構える腕の動きや筋肉の動きから、予測し、銃の発射よりも早く動いて銃撃を避けることが出来る 6人の軍隊上がりの戦闘のプロを10秒ほどでやっつける 室内での戦闘で足音が聞こえるか聞こえないかのうちに相手の懐まで移動する
31スレ目 477 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2008/05/13(火) 01:36:20 ID:3BHky/5g 455千条雅人修正版の考察 ロボでも体自体は人と、スペック的には特殊能力の壁の真ん中あたりまでは余裕で、超人の壁は越えれないぐらいか 拳銃の壁のサエキアキラから、移動は普通の車並み時速60qぐらいで考察 ○サエキアキラ 銃の動きを見切って勝ち ○エリック   同上 ○シン     同上 ○マツリ    催眠は効かないだろう、格闘で勝ち ○マヤパン   力が上がってるから念力に対抗できるかもしれない ○『わたし』  やや苦戦するが移動がそこそこ高いから有利か ○エルザ    眠りは効かない、接近格闘で勝ち △少年     負けないだろうが、倒せないか △パトカー   同上 △大島アリサ  負けない、勝てない △左滋   幻術は効かないだろう、 ×柴崎倖一 能力や描写量でやや負けてるか ×宇野辺虎雄 ショットガンやマシンガンでぶっ飛ばされて負け ?エッジ  簡単には負けないだろうけど ×藍色   勝てない ×倉沢洋一 全体的に不利 >パトカー>少年=千条雅人>エルザ