×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



【作品名】灼眼のシャナ 【名前】『虹の翼』メリヒム 【属性】紅世の王、[とむらいの鐘]最高幹部、九垓天秤の一角、両翼が『右』 【大きさ】成人男性並み 【攻撃力】  『虹天剣』  一閃させたサーベルから、その軌跡に沿って虹の光輝を刃状に飛ばす最強の自在法。  距離による減衰はせず、当たったものは問答無用で消し飛ぶ(地の文から)  大幅に弱った状態でも、一撃で一体一体が並みのフレイムヘイズ以上の防御力を持つ  『レギオン』数十体を消し飛ばした。  サーベルによる通常の攻撃でも並みのフレイムヘイズや  紅世の徒(16世紀の大砲に耐えられる程度)を切り倒せる。  腕力は並みのフレイムヘイズ(大砲を複数抱えて戦闘可能)よりははるかに上と思われる。 【防御力】並みの紅世の徒をまとめてなぎ払える爆発を受け、  そこから自分と同等の腕力の相手の剣を喰らっても手足がもげただけ。 【素早さ】シャナと互角以上のヴィルヘルミナと同程度の反応。  飛行可能。移動もシャナと同程度以上と思われる。 【特殊能力】任意で7人に分身可能。  同性能。本体は一人。ダメージのフィードバックはない。  『空軍』  燐子と呼ばれる使い魔。  参戦時点では数体しか残っていない。外見はガラスの盾。  『虹天剣』を反射し奇襲を行う。移動速度と反応はおそらく主と同等。     自己が認識している人間もしくはそれに近い精神を持つものに対して、  『存在の力』を喰うことで問答無用で消滅させることができる。  他の『王』の描写から、複数相手でも容易に可能。  通常の世界法則に従わない相手には通用しないものと思われる。 【長所】攻撃力。 【短所】封絶普及前の人物なので封絶が使えない。 【備考】イルヤンカに騎乗してエントリー。  メリヒムが攻撃役、イルヤンカが防御役。     【作品名】灼眼のシャナ 【名前】『甲鉄竜』イルヤンカ 【属性】紅世の王、[とむらいの鐘]最高幹部、九垓天秤の一角、両翼が『左』 【大きさ】数十メートルの竜 【攻撃力】  素の攻撃力は体格相応以上。体当たりで自分が乗れるサイズの塔が壊れる。  『幕瘴壁』  砲弾の形に吐き出すことで体当たり以上の威力を持つ。 【防御力】  上記の体当たりをしても無傷。メリヒムを遥かに上回る耐久力。  振り回され、城に叩き落されても城のほうが壊れる。  『幕瘴壁』  並みの紅世の徒をまとめて数十体倒すことができる攻撃を無効化する障壁を張る。  放出されると任意の地点で数十メートルまでの必要なサイズの壁となる。  放出速度自体は砲弾並みと思われる。 【素早さ】反応・移動ともにメリヒムと同程度。飛行可能。  『幕瘴壁』を用いることで巨体に似合わず小回りも効く。 【特殊能力】  『幕瘴壁』  火山の噴煙にも似た鈍色の煙を口から吐いたり、翼から噴出させる。  煙は空中にとどまり障壁として機能するほか、  収束させ砲弾として放ったり、  ジェット噴射のように空中での姿勢制御を行うことも可能。     自己が認識している人間もしくはそれに近い精神を持つものに対して、  『存在の力』を喰うことで問答無用で消滅させることができる。  他の『王』の描写から、複数相手でも容易に可能。  通常の世界法則に従わない相手には通用しないものと思われる。 【長所】便利な『幕瘴壁』 【短所】年寄り。
22スレ目 408 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2006/10/01(日) 10:18:48 ID:Dx3ps6L1 >405 血刃の王 イグニス〜:強度≠切れ味なのでこのままでは普通の剣並み。   切れ味が増すのもこのテンプレではどれぐらいかわからないので考慮外。 斬刹:上の理由により普通の剣より上の切れ味の不思議攻撃としかわからない。   ってか元々の長さが書いてないから射程がわからん。 外殻:材質(不思議物質かただの金属か)や形状(身体を覆う範囲や見た目は欲しい) 素早さ:まあ、できれば長距離移動速度が欲しいかな。 ゾルガディウス 防御力の障壁:攻撃されるたびに消耗するらしい。勇者の剣のその時の威力の詳細希望。 防御力の反射:実際に反射したものの詳細希望。 素早さ:勇者の素早さ希望。このままじゃ達人並。   瞬間移動は見えない位置にも任意テレポできるってこと? 攻撃力の魔法:火炎と瞬間転移の射程。火炎は弾速も。   電撃の範囲をもうチョイ詳しく。その時の兵士の配置とか位置関係とか。あと弾速。   精神操作は永続性はあるのか。書き換えにどれぐらいかかるか。   剣に当たったらパワーアップの詳細。実際の描写を。 メリヒム 虹天剣:弾速。射程と威力ももうチョイ詳細が欲しい。 防御力:ただ手足で防御したという以上のことがわからない。 素早さ:詳しい描写のない当時のヴィルヘルミナの強さは参考にできない。   強くなったのか衰えたかもわからない。 存在の力食い:射程。シャナでは刀で触れてる必要有りと考察。 イルヤンカ 攻撃力:壁の射程と弾速。 防御力:壁になるのは瞬時か。 存在の力食い:同上。
20スレ目 823 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2006/08/28(月) 03:37:30 ID:52eDb0gF >>792 ヴィルヘルミナは時間が相当たってるから能力上昇してる可能性があるのでこいつから換算は無理でね? 855 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2006/08/28(月) 17:41:41 ID:bTUTszxt >>823 数百年間天道宮にこもりっぱなしだったから、能力が衰えてる可能性の方が高いと思うが。 シャナが独り立ちしたのも10年前程度だったはず。 856 名前:855[sage] 投稿日:2006/08/28(月) 17:48:08 ID:bTUTszxt 間違えた、ヴィルヘルミナは外界にちょくちょく出てたわ。 でも、少なくともフレイムヘイズとして積極的に紅世の徒を狩ることはなく、 ごく稀に火の粉を振り払う為に戦うだけだったと思う。 861 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2006/08/28(月) 19:03:06 ID:pt9bOoJl >855>856 つい最近、最強クラス3人と戦える、壊刃とずっと戦ってたわけだし 能力が上がってても不思議でないと思うが。 天道宮のとこも推測の部分もあるし、ヴィルヘルミナを 参考にするのは無理だと思う。 869 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2006/08/28(月) 22:58:04 ID:bTUTszxt >>861 少なくとも、天道宮の数百年は戦闘経験積んでたという解釈よりブランク期間だったという解釈の方が自然だろう? それに、壊刃との戦いでレベルうpという話の方がよほど推測だ。 876 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2006/08/29(火) 02:55:50 ID:/HROAZpk >>869 推測でどっちになるか解らん時点でアウト 877 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2006/08/29(火) 03:25:56 ID:eursuDGP >>876 天道宮に居るときにレベルアップしたというのは推測=同レベル と見れば良いんじゃないの? 881 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2006/08/29(火) 08:45:52 ID:qyWqF2JO >>877 何かの有無で能力の上下が決まる場合は基本的に下限値を採用する 今のケースはレベルアップがあった場合の過去の能力の下限値を採用することになるが その下限値が割り出せないから当てにならないことになる