×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



【作品名】二等陸士物語 【名前】木俣健児二等陸士 【属性】陸上自衛官、第三十一普通科連隊員 【大きさ】成人男性並 【攻撃力】レンジャー訓練を受けた陸上自衛官 89式自動小銃:22口径弾を四十発所持。その他は現実のもの相応。     銃剣:普通のナイフ。小銃の先に装着できる。 【防御力】レンジャー訓練を受けた陸上自衛官並。      手袋を装備していて、相手が構える柳刃包丁の刃を掴んで奪い取っても      指がぎりぎり落ちなかった。 【素早さ】移動・反応はレンジャー訓練を受けた陸上自衛官並。 【特殊能力】特に無し。強いてあげるなら大量の雑学。 【長所】銃器を撃てる 【短所】平凡な能力 【戦法】自動小銃を撃つ
31スレ目 874 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2008/07/25(金) 01:08:37 ID:zvS0djqT 木俣健児二等陸士の考察 自動小銃があっても防御と素早さが結構厳しい 拳銃の壁のサエキまでは勝ち ×シン、エリックは描写と素早さで負けてる ○オメガ 拳銃より速度も貫通力も上、連射で勝ち ×ケイ、マツリ、マヤパンは能力負け エリック>木俣健児>サエキアキラ