×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



【作品名】真実の剣 シリーズ 第一部 魔術師の掟 【ジャンル】海外の王道ファンタジーの顔したSM物語 【名前】ディーナ 【属性】モルド・シス、レザー服美少女SM戦士、魔術師キラー 【大きさ】外人成人女性くらい。赤い皮製の全身ピッチリな服を着ている。 【攻撃力】 皮製グローブによるパンチで成人ムキムキ男性の歯をへし折ったり組み伏せたり。 同じモルド・シスの訓練を受けたが実力においてディーナに劣る同胞たちが、 10人の一般兵士をものの数秒で殺す歴戦戦士たちをフルボッコできる程度。 格闘能力も高くて剣を振るってバッサバッサ切り倒せるが後述のアジエルが最大の火力。 【防御力】鍛えた女性並み?ただ割りと皮服が硬いっぽい。 【素早さ】歴戦マッチョ戦士の剣攻撃をよけれる程度。 【特殊能力】 ・モルド・シスの魔法:モルド・シスの前で魔法や呪いや超常能力を使うと支配され、使用不可能にされる。 またその際には全身に、ドロドロに焼け爛れた剣を突き刺されたかのような想像を絶する激痛に襲われる。 この魔法が発動している限り、対象者は力を使うことができない。またモルド・シスは苦痛を自在に操れる。 その気になれば激痛だけで相手を発狂死させることができる。なお完全な物理攻撃には効果がない。 精神に働きかける苦痛のため防御不能。気合で耐え切ろうにもベテラン軍人が瞬間で悶絶してしまう。 この苦痛に耐え切れるのは同じモルド・シスだけである。 第一級の魔術師や、現代の魔術師よりもはるか強い古代魔術師も適わない。 ディーナにドM調教&苦痛鍛錬&伝説級の歴代最強魔法力を持つ主人公のみ、発狂死しない程度の耐性を持つ。 またこの魔法の苦痛発生条件を任意に設定できる。首輪をはずそうとしたら苦痛、爪先立ちを止めたら苦痛、など。 モルド・シスたちはよく首輪をはめ鎖でつなぎ、自分の許可した行動以外をとったら苦痛を与える条件を好む。 魂ごと相手の魔法を縛っているため距離は無限。また気が向けば長距離から苦痛を与える事ができる。 魔法が効果あったもの:魔法の剣、魔術師の炎等、対象者複数の呪い、支配系の超能力等。 発動タイミング:相手が使用と同時に完全自動発動し、さらに相手の行動は不発する。 ・アジエル:モルド・シスが持つ真紅の棒。普段は鎖で手首でつながれている(たまに首にぶら下げてある場合も) アジエルに触れるとモルド・シスの魔法同様の苦痛に襲われる。モルド・シスも同様である。 が、彼女たちは訓練によってその苦痛に耐え切る技術と精神力を持つ。アジエルは彼女たちの拷問道具である。 触れるだけで痛いが押し付ければ押し付けるほどに累乗的に痛みは増す。心臓にぐっと押し付ければ即死。 無駄に折れない。剣受け止めたりも可能。それ自体が魔法である。モルド・シス最大の特徴。長さ50センチ位か。 叩きつけるとマッチョメンの骨が砕ける。なお耳の穴に突っ込める細さ。主人公は片耳につっこまれて色々イッた。 アジエルに耐え切れるのはモルド・シスかドM調教と苦痛鍛錬を済ませた主人公のみ。 しかしもちろん心臓に打ち込んだり、両耳につきこんだら死ぬ。両耳進入死亡率は作中100%。 また耳に入れられた場合、1ミリでもピクリと動くと脳に障害が発生して廃人になる。 ・苦痛耐性:アジエルを強く握り締めても大丈夫。舌とか性器のような敏感な場所でも耐え切る。 ディーナは優秀なモルド・シスで、エロい事にアレコレとアジエルを使えるほどにドエロでMな超苦痛耐性持ち。 ・ラール興の誓い:「ラールさまはわれらが導き手〜」から始まる魂の誓い。ラール興とは彼女たちの主。 一種の魔法で精神侵食に耐性を持ち、夢魔などが決して頭の中に進入できない。 またある種の精神束縛であるため、ラール興に絶対服従。すべての優先順位はラール興のためにある。 なお、ラール興の誓いによってアジエルとモルド・シスの魔法の力が維持される。 つまりモルド・シスの魔法が効かない作中唯一の魔法。 ・調教技術:どんな最強軍人でも恐れるほどの調教能力。血反吐はくレベルを超えている。 常に肋骨や手足の骨の一本や二本は折れているのが当たり前。非常にバイオレンス。 死のぎりぎり手前の状態を維持し続けるのが腕の見せ所らしい。 【長所】防御不能な苦痛系攻撃持ち、特殊能力に強力な耐性もち。 【短所】特殊能力のない純粋マッチョが苦手。美男子美少女を調教しかねない事。 【戦法】突貫してアジエルたたきつける。特殊能力使われても勝手に魔法が相手防いで自滅してくれる。 【補足】モルド・シスが防いだ魔法説明。 ・魔法の剣:探求者と呼ばれる人間しかもてない古代魔術の剣。正式名は「真実の剣」。  怒りの刃状態ではすべての命を切り裂くが、代償として持ち主に苦痛を与える。  愛の剣状態では同じくすべての命を切り裂くが、相手を深く愛さないと使えない。  作中でディーナは愛の剣で殺されたが合意の上での自殺(のようなもの)。  実際はモルド・シスの魔法でいつでも束縛できた。 ・魔術師の炎:魔術師が放つ最大の火力魔法。文字通り火の玉が飛んでいく。  一度火がついたら止まらない。第二級魔術師のそれで城の小塔がふっとぶ程度。  また別種の魔術師たちも同じ魔法で家を大量に吹っ飛ばす。  命を注ぐことで「魔術師の命の炎」に変化する。火力が上がるが使用者は死ぬ。 ・呪い:発動しなかったのでどのような魔法かは不明。ただし使用者は作中最強の呪術師。  殺された旦那の復讐のために一晩で大きな町の住民全員を呪い殺せる程度の力を持つ。  呪術具である魔物の骨も魔法の剣同様の扱い。 ・超能力:色々。触れると相手を支配下に送る力とか、予言者の予知能力の支配とか。 【設定】 モルド・シスとは:対魔術師最強の駒。ほぼすべての特殊能力を防ぐのであらゆる状況下で使える。  拷問好き。描写は基本的に過度なSM調教に始まり調教事故による死亡で終わる。  心優しい少女しかなれない。同じモルド・シスたちのことを姉妹と呼び合う。  基本的には魔術師相手だがそれ以外の特殊能力者も担当。あと拷問という名の調教。  みんな自分のことを「〜〜様とお呼び」と言う。女王様。  全員モルド・シスによって調教されてモルド・シスになる。  ディーナはその中でも、自分の調教主を調教し返して殺すほどの優秀なモルド・シス。 モルド・シスになる条件:以下の三つが条件である。  1、美少女であること。ラール興の床の相手を勤める為でもある。醜女より美女のほうが恐怖度がます意味合いもある。  2、心優しいおしとやかな子であること。長い調教期間に耐え切りつつ、意図した性格調整を行えるのが可能なのがこの性格のみ。  また他の性格では優しく慈しみながら相手の限界ぎりぎりまで追いやることが不可能なため。  3、平均12歳以下幼女であること。調教しやすいから。調教終わるころの年齢が丁度いい(15〜22位)という点もある。
31スレ目 281 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2008/04/12(土) 01:53:07 ID:BD+Erscj ディーナの考察、特殊能力の壁から ○鑢七花    アジエルで勝てるだろう ×大河原リキコ 攻撃や反応がいいので少しきついか ○マーガレット モルド・シスの魔法で勝ち ○佐倉美咲   モルド・シスの魔法で勝ち ×?塚原卜伝  気合まけ ×丸橋     射程差が少し不利か ○黒瓜羊子   モルド・シスの魔法で勝ち ○馬場一郎   同上 ×真辺仁    同時に攻撃されるときついか ×佐々木小次郎 斬られて負け 拳銃の壁 天王洲映希〜シン 遠距離系で相性悪い、五連敗 ○マヤパン   モルド・シスの魔法で勝ち ×?わたし  弩で少し不利か ○エルザ   モルド・シスの魔法で勝ち ?少年    これは効くのか? ×パトカー  相性悪い ○左滋   モルド・シスの魔法で勝ち ×柴崎倖一  銃負け 塚原卜伝>ディーナ>佐倉美咲 ディーナのテンプレは情報が多いのはいいんだけど なんだか考察にいらないことも多くて少し読みにくいなー(まあ面白いんだけどね)