×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



【作品名】禁書目録 【名前】後方のアックア 【属性】人間 聖人 神の右席 【大きさ】成人男性並 【攻撃力】全長5mを超す巨大なメイスを振るう。         単純に腕力で振るっただけでも以下のことが可能。          ・アスファルトで固められた鉄橋が一撃で揺さぶられ、あちこちで鉄骨を留めるボルトが破断する          ・現代より数世代進んだ技術で作られた装甲車を貫き、そのまま振り回して地面に叩きつけ爆破した  魔術による強化(戦闘中、常時維持可能)を使えば、 神裂火織の唯閃(参考参照)による連撃もメイスで弾き返せる。 『神の力』の特性:水を司る能力。作中では直径2kmの範囲で総質量5000トンの水を操った             以下が作中でやったこと              ・空気中の水分に触れる物の動きを感知し、肉眼不可視の微粒子の動きを捉えた              ・水の体積を瞬時に変えて爆発を起こし、厚さ5cmを超える金属製の水道管を爆破した              ・20m近い高さの、関節をもった巨大な水のハンマーで叩き潰す              ・一つ一つが30m近い氷の槍を複数飛ばす              ・鞭のようにしなる水の尾でさまざまな角度から攻撃を仕掛ける              ・ボール状の巨大な水塊を縦横に振り回す 「聖母の慈悲は〜」:20mほどの高さまで跳躍し、天蓋に足を乗せて詠唱し、               その後天井を蹴って急降下してメイスを振り下して重圧を放つ。               詠唱速度は神崎が反応はできるが対処(退避したり攻撃したり)はできない程度。               重圧の威力は「小惑星との激突すら凌ぐ」ほどで、攻撃範囲は直径100m。               作中では、シェルター級の硬度を持つ10mの厚さの人口の地面を軽く粉砕した。               恐らく通常のメイス攻撃(>唯閃)より大幅に威力が高い。               武器などでガードしても、重圧はそれを通して体を蝕み、身体に直接ダメージを与える。               滑空距離が伸びると威力が上がるらしく、40mの高さから急降下して放つこともできる。               物理攻撃に見えるが実は魔術攻撃。 【防御力】普通の聖人(神裂火織)より上 装甲車の爆発に巻き込まれても無傷(水の防壁?) 常人ならズタズタになる威力の鋼糸をあらゆる方向から約350本くらっても無傷 不意打ち気味の至近距離からの爆炎魔術と 七閃(鋼糸を操り、アスファルト、街灯、街路樹を切断する威力の斬撃を一瞬で七度放つ。) でもかすり傷程度(飛びのいているので軽減されている可能性あり) 【素早さ】上条当麻(参照)が10mの距離からでも全く反応できない速度で 移動(高速移動術式)しながら自身と互角の相手と近接戦闘可能。  (1600km/s≒マッハ4701での近接戦闘) 高速移動術式:靴底と地面の間に薄い水の膜を張り、        自分を『滑らせる』ことで高速移動する。         上条当麻が10mの距離からでも全く反応できない速度で移動可能。        (1600km/s≒マッハ4701移動速度) 【特殊能力】『聖母の慈悲』の特性:あらゆる罪と悪に対する罰則などの制約行為が通じない。                     作中では、あらゆる文化圏に共通する宗教観を利用したため、                     どんな文化圏の防御術式を使っても防げない『負の怨嗟』を意味する、                     『殺人に対する罰』の術式を指一つ動かすことなく払拭した。                     『神の罪』すら打ち消すことができるらしい。                     この術式により、本来ならば『神の右席』には使えない人間用の魔術を使える。    水による探査魔術:空気中の水分に触れる動きを感知し、        オジギソウ(ナノサイズの反射合金。物質を瞬時に分解できる)の位置を大雑把に把握できる。 【長所】高いスペック 【短所】特殊能力が役立たず(呪詛くらいは防げるか?) 【戦法】水で動きを止めつつ、「――聖母の慈悲は〜」で叩き潰す 【備考】本名はウィリアム=オルウェル 主人公殺しに来た刺客 【参考テンプレ(簡易)】  【名前】神裂火織  【攻撃力】唯閃:山を砕き谷に変える威力の「天使の力」が行き通った70mの水翼を2本同時に両断する威力  【素早さ】身体強化状態ならアックアと互角に近接戦闘ができる程度  【防御力】1発なら「――聖母の慈悲は〜」を受けても戦闘続行可能(2発目で絶命するらしい) 【上条当麻の反応速度、攻撃速度】 (1)描写 @『インデックスが上を向いている時間』内で『地上から気象衛星の高度』    にまで達する『竜王の吐息』。 A『竜王の吐息』が『上条の腕の長さ』を移動するより先に、 B『上条の後方から上条の4m程度前方のインデックス』まで移動する『七閃』。 C『七閃』に『おおよそ一〇メートルをつめる四歩の内の   三歩目を踏み出したゼロ距離とも呼べるほど間近』で反応できる。   (2)不明瞭な点の扱い 『インデックスが上を向いている時間』を、会話などの前後描写から長くても5秒、 『気象衛星の高度』を一般的な尺度から350km、 『上条の腕の長さ』を身長から見た平均的な長さ、複数の絵などから推測して70cm、 『おおよそ一〇メートルをつめる四歩の内の三歩目を踏み出した ゼロ距離とも呼べるほど間近』を単純な割合で考え、10mの 四分の一の2.5mとして扱う。 (3)簡易な言い換え @5秒で350km動く『竜王の吐息』。 A『竜王の吐息』が70cm移動するより先に、 B4m移動する『七閃』。 C『七閃』に2.5mの距離で反応できる。 (4)計算式 最小値をとって等号としている。 @『竜王の吐息』の速さ =350km/5s=70km/s A『竜王の吐息』の移動時間 =0.7m/(70km/s)=10マイクロ秒 B七閃の速さ 4m/v=10マイクロ秒 v=400km/s C上条の反応速度 =2.5m/(400km/s)=6.25マイクロ秒 1メートルからの160km/s(マッハ470)反応 (5)『竜王の吐息』が『インデックスが上を向いている時間』内で 『地上から気象衛星の高度』にまで達すると言える根拠。 インデックスの放った『竜王の吐息』は『眼球』と連動した魔方陣によって発生するので、 魔方陣が動くと『竜王の吐息』も巨大な剣を振り回すように動くと書かれている。 また実際に、顔面に迫った先端も倒れた際に上を向いている。 よってインデックスの首が上を向いていた間に人工衛星を貫いたはずである。  【名前】小惑星  【大きさ】(発見されているもので) 直径数m〜数千km,         平均100kmらしいがソースなし(個人サイト)      一般的に1kmを超えるものが多いようなので数kmとする。  【攻撃力】衝突の威力は下記(漫画最強スレより)          隕石衝突時のエネルギー比較          広島型原爆=1            10m=1.2            60m=1000           150m=17000          全面核戦争=500,000           500m=650,000            1km=5,000,000           10km=5,000,000,000              (参考資料「トコトンやさしい太陽の本」より) 数kmの大きさだと破壊規模の目安の 島破壊、数十km破壊と同等程度↓ 目安  多元宇宙破壊>宇宙破壊>銀河系破壊>恒星系破壊>恒星破壊>惑星破壊>月破壊 >大陸消滅>大気圏外、数百km>小惑星衝突、島破壊、数十km >小島破壊、山脈>山(数百m) >水爆(核融合爆弾、メガトン、戦略核)>山(百数十m)>原爆(核分裂爆弾、キロトン、戦術核)、都市、数km >ビル群、街、数百m>高層ビル、ミサイル、数十m>低いビル、小型ミサイル >家屋破壊、大砲や大口径の銃器、十m>拳銃(世界観にもよる)、壁、鉄、数mの爆発  【備考】少し古いが参考にでもttp://www.spaceguard.or.jp/ja/topics/diameter1.html ttp://en.wikipedia.org/wiki/List_of_noteworthy_asteroids#Record-setting_close_approaches_to_Earth  1kmで「大きさが知られている」小惑星と言うのは例外的
31スレ目