×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



【名前】ジャン・ピエール・ポルナレフ 【属性】スタンド使い 【大きさ】常人(身長193cm)。スタンド(人型)も本体と大体同じ大きさ。 【攻撃力】本体は常人〜鍛えた人。 スタンドは細身の剣を装備。突きや斬りで攻撃。 一呼吸の突きで長さ数mの車のバンパーを7片に切断した。 怒りによる精神の成長時(対ヴァニラ)、斬りや突きを連発してDIOの館の部屋の 周囲十数mの床や壁を斬って瓦礫状態をつくり、太さ数mの石柱や石像を真っ二つにした。 ただしスタンドの力は弱いので岩を掘り進んだり、人間を引っ張って引き寄せる力仕事は苦手。 【防御力】本体は人並み。 完全な不意打ちでトラックに撥ねられた時などはしばらく行動不能になった。 スタンドはスタンド以外の物体にはすり抜けて干渉できない。 剣で空気の溝を作ることで『魔術師の赤』の炎を反射した。(空気を漂うものなら同様に反射できる?) ダメージは部位相応だが、剣のみ破壊されても本体のポルナレフに影響は無い。 スタンドの装甲を脱ぎ捨てることにより、C・F・Hによるダメージを軽症に押さえる。 (脱装甲後はスタンドの防御力が落ちる代わりに、7体分のスタンドで死角のない円陣防御を行うことが可能)    【素早さ】スタンドはスピードAクラス。(数十cmまで迫った銃弾11発を軽く叩き落すスタンドより速い) 対Jガイル戦では一瞬に全身に20以上の突き傷を付けるほどのラッシュを行った。 空中に投げたコイン5枚を一突きに貫き、さらに間に空中に漂う火の粉を挟むことが可能。 移動の軌跡をあらかじめ読んだ状態で、光並みの速さで動く相手スタンドを移動の瞬間に切り裂くことができる。 自分に向けて撃たれた拳銃の弾丸6発をスタンドで弾いて防御(『セト神』の能力で精神力が減少している状態)。 DIOの館の最上階から飛び降りたとき、落下中に近くの別の建造物に『銀の戦車』の剣を刺して着地できた。 前述の脱装甲後はスタンドのヴィジョンが7体分に増えたように見えるほどに速くなる。(CFHSを防御) 先制の『皇帝』による銃撃に反応し、脱装甲状態のスタンドの剣で叩き落そうとした(が軌道を曲げられ失敗)。 スタンドは一瞬で10m程度移動した。本体の走る速さは鍛えた人並みか。 【特殊能力】銀の戦車(シルバーチャリオッツ) 射程距離2m(ただし怒りによる精神的成長で10数mまで延長可能)。 右手に所持した細身の剣でのフェンシングがメインの戦い方だが、精密な動きで石を削って像を作ったり、 地面の砂を巻き上げて周囲に撒き散らしたりするなどの技巧的な使い方もある。 『チャリオッツの奥の手』:スタンドの剣針を飛ばして突き刺す飛び道具。跳弾を利用することにより死角から奇襲可能。 ただし刀身が無くなると暫くは斬りや突きの攻撃すら出来なくなる。 (アレッシー戦で一度飛ばした剣が時間をおくと復活していることから、時間が経つと剣針は生えてくると思われる) スタンドは幽霊を攻撃することが出来る。 物体をすり抜けて干渉可能(ただし、あまり厚い壁はすり抜けられない) 一般人には見えないし、触ることもできない。 【長所】肉弾戦のスピードとパワー。正面から戦えば強い。剣針で奇襲攻撃もできる。 【短所】本体は普通の人間。     スタンドがシンプルな能力なので、特殊能力を持つ相手(時間操作、炎の奇襲etc)に弱い     スタンドと本体の視聴覚が連動していない。 【戦法】『銀の戦車』を飛ばし、突きや斬りのラッシュ。正面から戦って手ごわい相手には剣針で奇襲。 【備考】スタンド射程は対ヴァニラ戦時の状態(最大10数m)とする。     スタープラチナと互角でラッシュを行った描写はアヌビス神のドーピングつきだったので考慮外。     5部の車椅子状態は今回は考慮外(本体が明らかに弱体化しているから)。