×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



【作品名】STEEL 【名前】 本庄智也 【属性】 「アニマ」使い 【大きさ】人間大 【攻撃力】「切り裂いた対象物(大気を含む)に異世界と現世界を結ぶ裂け目」      を生じさせるアニマ「メイクスト」を用いる。 「メイクスト」は巨大な鋼の爪を持つ右手を覆う手甲のような形状である。 そして、そしてその内部に潜む「霊的存在」は智也にしか見えないが 重々しい鎧を纏った女性の騎士の姿をとる。   攻撃は1m近い爪から繰り出される斬撃と刺突であるが、切り裂いたものの傷口に   「異世界と現世界」を結ぶ「裂け目」を形成することができることが最大の武器である。   この裂け目は周囲にあるものを「現世界」から「異世界」へ吸い込む作用があり、   これを体につけられたものは、傷口近傍が陥没し、そこに体が吸い込まれていく。 地面や空中に傷をつけることで、周囲の物を「吸い込む」ことができる。 これにより攻撃をしかけようとするものを亀裂に吸い込ませたり、 空気の流れを変えることができる。智也は、この能力により周囲を アニマ「アクティス」にとり囲まれオールレンジ攻撃を受けかけた際、 前後左右に「裂け目」を作りだし、「アクティス」を吸い込むための防御陣を形成し、 アクティスのオールレンジ攻撃を邪魔し、反撃のチャンスを得ることに成功している。 しかし、運動神経が良い方ではなく、しかし基本的には近接戦闘を主体とする 「アニマ」であるにもかかわらず、智也本人の身体能力が「アニマ」使いとしては低いため、 その能力を十分に発揮できたとはいえなかった。 【防御力】爪による防御が戦闘では主体となるが、 本人の身体能力が低いため防御力は基本的に低い。 空間の「裂け目」を利用することによりそれを補ってはいたが「アクティス」、 「アルタット」、「トロマティゼ」、「フォビア」等のように強力な防御陣を設けたり、 物理的攻撃の完全無効果を持つアニマに比べるとかなり見劣りする。 【素早さ】「アニマ」使いとしてはかなり低い。 鏡隆二と素手で対戦したが一方的に殴打され失神した。 【特殊能力】 「アニマ」さえ吸い込むことができる「空間の裂け目」を作る能力。 また、「霊的存在」であるメイクストに「鋼の爪」を預けることで彼女に攻撃 (敵の背後から攻撃したり、予想外の場所に「裂け目」を作ることができる) と防御を代行してもらえる。 これと同種の攻撃ができるのは他のアニマでは「アルタット」のみであった。 【長所】 上述の特殊能力。 【短所】戦士として必要な基本的な能力(判断力、体力、俊敏さ等)が低い。