×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



【作品名】鬼哭街 【名前】アサルトギア(37型重機動甲装) 【属性】多脚戦車。ボディは機械だが、人間の脳が搭載されている 【大きさ】カーゴルームとコクピットを隔てる仕切りを取り払った SVトラックに5台ほど詰めるぐらいの大きさ。つまり、具体的な描写はない 【攻撃力】FAE榴散弾:射出された弾体は、まず粒子燃料 を詰め込んだカプセル霰弾を扇状に撒き散らし、 つづいて、高電熱のスパークを散らす粒子燃料がこれに引火して、粉塵爆発が発生し、 当たり一面を火のヴェールで包み込むというもの。 この攻撃により、耐火性ボディアーマーを着込んでいた警備兵には、直接的な殺傷効果は 低かったものの衝撃波によるスタン効果で、複数の警備兵を気絶させた。 しかし、援護を受けていたレールガンを構えた警備兵は、距離が遠く気絶させる状態までには出来なかった (兵士達のバリケードや通路の裏にまで届くぐらい。つまり、具体的な射程距離は不明) 5.56mm多連装チェーンガン、スマートグレネード、高周波振動バイスなどがあるが、使用した描写はない 【防御力】鋼鉄のボディ。自動小銃の集中砲火も、センサーと関節部分を防御してやり過ごせる 超硬硬度のベアリング外郭により、地上百メートル上空からの自由落下状態でありながら、 機体側面のスラスターを点火させて、砲弾のようにビルに突っ込んでも平気 突っ込んだ後で四肢を展開するため、関節部にはそれほどの強度はない 【素早さ】地上百メートル上空からの自由落下状態でありながら、 機体側面のスラスターを点火させて、砲弾のようにビルに突っ込める 反応速度:複数の警備兵による、自動小銃の一斉射撃による援護射撃を受け 動きが鈍った状態でも、20ミリ携行レールガンを構えた状態の警備兵よりも先にFAE榴散弾を発射した 【特殊能力】光学センサー、2足歩行可能 【長所】 要塞などに突撃して、内部から破壊の限りを尽くせる 【短所】 サイボーグに、一瞬で急所という急所を破壊され残骸と化した